「すらら」について調べてみた

最近小中学校で不登校になっても出席扱いにできる可能性があるというそういう通信教育があるという話だったのでちょっと調べてみた。
不登校と「すらら」について
とってもこの記事を読んだだけなんだけどねとてもよくまとまっていたのでこの記事だけでまあなるほどっていう風になってしまった。
一応国の規定としては ICT を使った教育で学校の出席の可愛いとするというそうゆう制度があるみたいでそれをうまく使えば家にいながらにしてなんとか出席扱いにしてもらうということが可能なのだ。
もちろん無条件に可能というわけではなくて学校との協議が必要みたいだけどそれでも全く可能性がないではなくて国の指針としてこういうものが出ているわけだからこれはかなり期待ができる制度なんだろうなっていうふうに思う。
ただこの制度に対応している通信教育というのはまだあまり多くなくてその数少ない人ってがすらららしいんでね。
多分単純にネットで配信される通信教育ではなくて勉強甘くするためのマネージャーと言うか進路相談員みたいのが1000円でチェックというのがポイントなのかなっていうふうに。
いずれにしても学校に行けなくなってしまったからその先の人生がなくなるとではなんとも可哀想なので色々な代替手段があるというのはありがたいことだと思うよ。