ネジザウルスの有用性ならびにデメリット

ドライバーでネジを緩めるときは、ネジに対して垂直に反時計回りで回していく必要があります。
しかし、外したいネジがあっても、ドライバーを入れて作業するスペースがない状況も考えられます。
その場合には、やはりネジザウルスがとても役に立ちます。
ネジに対して横のスペースから挟み込んで回すことで、狭い場所にあるネジも外していくことができます。
ただしデメリットもあります。
ネジザウルスのデメリットは、強い力で挟み込むためネジが傷つくことです。
ネジを再利用する必要がある時には、使用を控えたほうがよいです。
また、木製の家具などでよく使用される皿ビスに対しては、ネジがつぶれても挟み込むネジの頭が弱いので、工具を使用することが困難な場合も考えられます。