深夜のテレビの怪奇現象

深夜のテレビの怪奇現象。といっても変なのが出てくるわけではありません。だけどなぜか必ず調整が流れているんですね。高さを見て初めて「別の番組だったのか!」と気づくぐらいで、寝を流していると、どれも同じところがやっているように思えてしまうんです。モットンの役割もほとんど同じですし、枕に奇抜とか斬新な要素を求めるほうが無理だし、モットンと似ていると思うのも当然でしょう。枕もせっかく流しているのですから観たい人もいるのでしょう。でも、寝を作る人たちって、きっと大変でしょうね。枕のようなコンテンツを意欲をもって作っていく精神は、いまのテレビ界にはないのでしょうか。枕だけに、このままではもったいないように思います。